製薬会社の薬剤師

普段、患者さんと接する機会はありませんが、当然ながら製薬会社にも薬剤師がいます。製薬会社で働いている薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアで働いている薬剤師とは仕事の内容が大きく異なります。まず、調剤薬局やドラッグストアで行われている業務は一切行いません。主な仕事内容には、創薬、CRC、CRA、MR、臨床開発、DI業務があります。どれも、一般の人には聞き馴染みの無い仕事内容です。

中でも最もイメージしやすいのが創薬です。これは、新しい薬を開発する仕事です。CRC、CRAは薬の臨床試験に関わる仕事です。MRは、医師や薬剤師に開発した薬の情報提供を行います。臨床開発とは、創薬と同じく新しい薬の開発に関わる仕事です。中でも、品質管理・品質保証・データマネジメントが主な仕事の内容となっています。DI業務は、薬に関する情報収集と情報提供を行います。

このように、製薬会社で働く薬剤師は調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師とは全く違った開発や研究などの仕事をしています。働く職場によって薬剤師の仕事内容は異なりますが、どの仕事も私たちの健康に大きく関係しているのは確かなことです。また、このような薬剤師の働きがあるからこそ、年々医療が進歩し続けているのです。

調剤薬局とドラッグストア

薬剤師の中でも、患者さんと接する機会が多いのが調剤薬局やドラッグストアで働いている薬剤師です。どちらも薬に関わる仕事ですが、仕事の内容は異なります。

まず、調剤薬局とは病院や診療所の近くにある薬局です。調剤薬局にいる薬剤師の主な仕事は、調剤業務・服薬指導・薬歴管理です。病院や診療所で発行された処方箋を確認し、正しく薬が処方されているかなどをチェックします。その後、患者さんに服薬指導を行います。どんな薬を処方するか、どんな効果や副作用があるか、いつ、どれくらいの量の薬を服用するかなど注意点を交えて説明します。また、患者さんごとにデータを管理するのも調剤薬局の薬剤師の仕事です。

その一方で、ドラッグストアでは市販薬や健康食品、サプリメントを販売しています。主な仕事内容は、これらの販売と相談業務です。調剤薬局と違って、薬の種類は多種多様に取り扱っています。そのため、ドラッグストアの薬剤師は薬に関する幅広い知識を必要とします。

また、中には調剤室が併設されたドラッグストアがあります。このようなドラッグストアの場合、一般的なドラッグストアの仕事だけでなく調剤薬局の仕事も行わなければなりません。

このように、同じ薬剤師でも調剤薬局で働くかドラッグストアで働くかによって仕事内容が異なります。

医薬分業

医薬分業とは、その名の通り医療と薬の処方を分けることです。日本では、昔から診察、治療、薬の処方すべてを医師が行ってきました。つまり、以前まで医師は、医師と薬剤師両方の仕事をしていたのです。しかし、20年ほど前からは医薬分業の考え方が広まり、現在では日本全体で医薬分業が定着しつつあります。

現在では、病院や診療所で診察を受け、処方箋を受け取ります。その処方箋を調剤薬局に持参することで、薬が処方される仕組みになっています。以前までは病院だけで診察から薬の処方まで全て済んだのに、わざわざ調剤薬局に行く手間が増えてしまったと感じる人もいます。しかし、手間が増えたことは確かですが、医薬分業にはメリットがいくつもあるのです。

まず、医薬分業によって、医師は診察や治療に専念し、薬剤師は薬の処方に関する知識をより深めることができるようになりました。更に、医師と薬剤師どちらも処方箋を確認することでダブルチェックを行うことができます。より間違いのない安全な医療体制になりました。また、薬剤師がいることで、薬の服用に関する疑問を気軽に相談できるようになりました。これによって、多くの人が安心して薬を服用できるようになったと言っても過言ではありません。

薬剤師の仕事

現在では、病気の治療に様々な薬が使われています。例えば、風邪をひいたら病院へ行き、薬局で薬を貰います。病院へ行かず、ドラッグストアで市販薬を買って服用する人も居ます。このように、私たちの健康を支えてくれている薬の専門家が薬剤師です。

薬剤師は東京薬科大学や大阪薬科大学といった大学や、武蔵野大学や都築学園といった薬学部がある大学を卒業し、国家試験に合格した人のみがなることができる職業です。以前まで、薬科大学や薬学部は4年制でしたが平成18年以降は6年制となっています。このように薬科大学や薬学部に通う期間が2年間延びたのは、医薬分業が関係しています。現在では定着しつつある、医薬分業についてまとめました。

また、薬剤師の仕事と言っても働いている職場によって仕事の内容は異なります。私たちがよく利用するのが、調剤薬局とドラッグストアです。どちらにも薬剤師がいますが、仕事の内容は少々異なります。調剤薬局とドラッグストアでは、仕事の内容にどんな違いがあるのかを紹介します。

薬剤師が活躍している場は、私たちの知っている調剤薬局やドラッグストアだけではありません。現在では多くの製薬会社から薬が販売されていますが、その製薬会社ごとに薬剤師がいます。製薬会社で働いている薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアにいる薬剤師とは違った仕事をしています。

このように、それぞれの職場によって薬剤師のすること・しないことが分かれています。そんな、私たちの健康に欠かすことのできない薬剤師という職業についてまとめました。