薬剤師の仕事

現在では、病気の治療に様々な薬が使われています。例えば、風邪をひいたら病院へ行き、薬局で薬を貰います。病院へ行かず、ドラッグストアで市販薬を買って服用する人も居ます。このように、私たちの健康を支えてくれている薬の専門家が薬剤師です。

薬剤師は東京薬科大学や大阪薬科大学といった大学や、武蔵野大学や都築学園といった薬学部がある大学を卒業し、国家試験に合格した人のみがなることができる職業です。以前まで、薬科大学や薬学部は4年制でしたが平成18年以降は6年制となっています。このように薬科大学や薬学部に通う期間が2年間延びたのは、医薬分業が関係しています。現在では定着しつつある、医薬分業についてまとめました。

また、薬剤師の仕事と言っても働いている職場によって仕事の内容は異なります。私たちがよく利用するのが、調剤薬局とドラッグストアです。どちらにも薬剤師がいますが、仕事の内容は少々異なります。調剤薬局とドラッグストアでは、仕事の内容にどんな違いがあるのかを紹介します。

薬剤師が活躍している場は、私たちの知っている調剤薬局やドラッグストアだけではありません。現在では多くの製薬会社から薬が販売されていますが、その製薬会社ごとに薬剤師がいます。製薬会社で働いている薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアにいる薬剤師とは違った仕事をしています。

このように、それぞれの職場によって薬剤師のすること・しないことが分かれています。そんな、私たちの健康に欠かすことのできない薬剤師という職業についてまとめました。