調剤薬局とドラッグストア

薬剤師の中でも、患者さんと接する機会が多いのが調剤薬局やドラッグストアで働いている薬剤師です。どちらも薬に関わる仕事ですが、仕事の内容は異なります。

まず、調剤薬局とは病院や診療所の近くにある薬局です。調剤薬局にいる薬剤師の主な仕事は、調剤業務・服薬指導・薬歴管理です。病院や診療所で発行された処方箋を確認し、正しく薬が処方されているかなどをチェックします。その後、患者さんに服薬指導を行います。どんな薬を処方するか、どんな効果や副作用があるか、いつ、どれくらいの量の薬を服用するかなど注意点を交えて説明します。また、患者さんごとにデータを管理するのも調剤薬局の薬剤師の仕事です。

その一方で、ドラッグストアでは市販薬や健康食品、サプリメントを販売しています。主な仕事内容は、これらの販売と相談業務です。調剤薬局と違って、薬の種類は多種多様に取り扱っています。そのため、ドラッグストアの薬剤師は薬に関する幅広い知識を必要とします。

また、中には調剤室が併設されたドラッグストアがあります。このようなドラッグストアの場合、一般的なドラッグストアの仕事だけでなく調剤薬局の仕事も行わなければなりません。

このように、同じ薬剤師でも調剤薬局で働くかドラッグストアで働くかによって仕事内容が異なります。