製薬会社の薬剤師

普段、患者さんと接する機会はありませんが、当然ながら製薬会社にも薬剤師がいます。製薬会社で働いている薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアで働いている薬剤師とは仕事の内容が大きく異なります。まず、調剤薬局やドラッグストアで行われている業務は一切行いません。主な仕事内容には、創薬、CRC、CRA、MR、臨床開発、DI業務があります。どれも、一般の人には聞き馴染みの無い仕事内容です。

中でも最もイメージしやすいのが創薬です。これは、新しい薬を開発する仕事です。CRC、CRAは薬の臨床試験に関わる仕事です。MRは、医師や薬剤師に開発した薬の情報提供を行います。臨床開発とは、創薬と同じく新しい薬の開発に関わる仕事です。中でも、品質管理・品質保証・データマネジメントが主な仕事の内容となっています。DI業務は、薬に関する情報収集と情報提供を行います。

このように、製薬会社で働く薬剤師は調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師とは全く違った開発や研究などの仕事をしています。働く職場によって薬剤師の仕事内容は異なりますが、どの仕事も私たちの健康に大きく関係しているのは確かなことです。また、このような薬剤師の働きがあるからこそ、年々医療が進歩し続けているのです。